2016年07月

7月公演 

脚本 月ヶ谷るみ の正体である
演出舞台美術衣装メイク たけです。

今の感想を一言で表すと
終わったあああああああああああ

といった感じです。

長く苦しい戦いだった・・・

それでは7月公演を振り返ってみよう!(唐突

4月 1年生がちゃんと入った!私嬉しい! (((o(*゚▽゚*)o)))
5月 脚本が決まらねぇ!私辛い! (*`へ´*)
6月 稽古が順調!私楽しい! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
7月 演出以外の仕事がまるで終わってねぇ!私大変!((((;゚Д゚)))))))

こんな感じでした。 ←てきとうすぎるやろ
苦しくもあり楽しくもあったそんな7月公演でした。

今回も相変わらず色々なこと掛け持ちしてなかなか大変だった気がします。
しかし、1年生達と雰囲気良く稽古できたのではと思っています。
そして何より今年の1年生はとても演技が上手なのですよ。
去年の僕はこんなに上手ではなかったと思います。 
今もそんなに上手くないだろって言ったの誰だ!

そんなこんなで今回の公演が成功したのは1年生の努力の賜物だと思います。
もちろん我々20期も努力しましたし、先輩方も協力して頂きました。
そしてもうひとつ公演成功に欠かせないのがお客様です。
そう、お客様です。 大事なことなので2回言いました。

今回も沢山のお客様にご来場いただいてとても嬉しく思います。
同時にこんなにも沢山のお客様が来場すると思っていなかったので簡易的な客席に座っていただいた方にはこの場をお借りして
お詫び申し上げます。

次回からは劇団カリメロのホームページよりご予約してください←露骨な宣伝
HPはこちら <http://gekidan-karimero.com/>

そう。劇団カリメロはここでは終わりません。次があるんです。
7月公演の終わりは11月公演になります。

つまり先輩と劇ができる!やったぁ!ヽ(≧∀≦)ノ

これからも劇団カリメロをよろしくお願いします。

今回7月公演『ローズマリー』に関わったすべての人に感謝の意を表します。
それではまた・・・



















るみちゃんのコーナー
きれいに終わったと思った?残念!ちょっとだけ続きます。
今回『ローズマリー』のお話にも登場したローズマリーの花言葉は
「あなたは私を蘇らせる」ですが実は他にも意味があるのです。
それは「追憶」「思い出」です。

お配りしたカリメロからの一言には『ローズマリー』のお話の意味は見ていただいた人に決めて欲しいなんて書きましたが、
私は『ローズマリー』がお客様にとって良い「思い出」となり時々「追憶」してほしいなんて意味もあったりなかったり。
そんなどこかで言いたかったけど言う機会がなかったるみちゃんの一言でした。

スポンサーサイト
| カリメロのホクホクブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。