2007年12月

乱れる時代

 僕「あなたが好きなんだ」
Y子「私はあなたが嫌い。あなたの全てが嫌い。背が低いところもお金が無いところもデリカシーが無いところも全部ひっくるめて嫌い」
この期に及んで全否定の長峯です。

今日は昔の話をしましょう。
むかしむかーしの話です。

僕には彼女がいました。
そして僕には彼女以外に好きな人がいました。
世間的には浮気って言うのかもしれませんね。

なぜかは分からないです。
もともと惚れっぽいのは否定しません。
どうしても好きな人が出来てしまったのです。

最低な男です。

彼女に聞かれました。
浮気したことを後悔してないのか。

後悔なんかしていない。
僕は即答しました。

むしろ好きになった人に好きと言えなければ後悔しただろうと思います。
惹かれることを否定するのはつらいことだと思います。

僕はこの通り大人になりきれていない人間だから、たかが大学生くらいが恋愛をするのは背伸びをしたがっているだけだと感じてしまうのです。
そりゃあ大人な付き合いをしている人はいるだろうけど、
大半は好奇心とか欲なんかの先走りだと思うのです。

だってそうじゃない?
今の大学生の年代がどこまで責任持てるの?
今の僕たちがどこまで責任持てるの?

数百年前。
男は15歳で元服を迎えました。
つまり大人になるってことで。

しっかりと現実を受け止める人が多かったんじゃないかなって思います。
それだけ大人になってたって言うこと。
もちろん三行半なんてこともあったかもしれないけれど。

じゃあ現在はどうでしょうか?
確かに身分なんてものは無くなって、誰にでもチャンスがある時代になりました。
自由な恋愛、職業、生活を選べるようになったと思います。

その代わりに無くしたものそれは責任だと思うのです。
自由の代わりに無くすものが責任。
さもなきゃこんなに自由な恋愛を僕たちはしてないはずで。

今を生きる人に一度付き合った人を生涯かけて守ろうと考えられるでしょうか?
添い遂げるというような考え方が出来るでしょうか?
それは一時的なものではなく永劫と続くものでしょうか?

断言できる人は少ないと思います。
僕だって出来ません。
結局僕たちは自由を手に入れて責任を放棄したのだと思います。

僕の行動にしてもそうです。
浮気という行動。

一昔前で言ったら駆け落ちに繋がることだと思います。
肉親から縁を切られようと一緒にいたい人がいる。
それくらいの覚悟が必要なものだと思います。

しかし今は遊び感覚で浮気をする。
そのことが悪いとは思えないのです。
時代に流されてるのかもしれないけど。

でも僕たちは今を生きてるわけだから。
今に逆らうことは出来ないから。
自分の気持ちを大切にしたい。
今の気持ちを信じたい。

そこに悪意があるのかないのかは受け取り手次第なのです。
後悔だけはしないでください。

だからこそ言います。







「僕はYUKIかえっちゃんか宮崎あおいか松嶋初音と付き合いたい。むしろ突っつきあいたい」
スポンサーサイト
| カリメロのホクホクブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。