しのきち

さん・れん・ちゃーん

はいどうもー!
しのきちですー!

この頃、あちこちの劇団さんの劇を観させていただいております。
今日の更新は、こちらっ!

明治大演劇研究会

明治大学演劇研究会さんの『GOLDEN UNDERLAND』を観劇して参りました!
本日、公演が終わったとのことで、大変お疲れさまでした。

今回の公演で思ったこと。
やっぱり大道具のインパクトってすごい。
入り口で予約の確認をしてもらったり、チケットもらったりして劇場内に入るじゃないですか。
やっぱり一番に目にするものって「舞台」であり、ひいてはそこに設置してある「大道具」なんですよね。
大道具がでん!とそびえたってると、テンション上がるんですよ。劇が始まる前から。
どんな舞台が始まるのかな、わくわく!って感じで。
今回の舞台の大道具が素晴らしくって、もうこっちのテンション上がりまくりです。

そして劇が始まれば、私のテンションを超える役者さんたちのエネルギー!
最初っからガンガン飛ばしていきます。そしてそれがいつまでも落ちない!
いやあもう、役者さんのエネルギー分けてもらってこっちまで元気になっちゃった気がします。
しかし、そんな元気の良さも、最後のシーンでは鳴りを潜めます。
主人公とパートナー2人だけの、静かな静かな舞台。
それまでがエネルギッシュだっただけ、その静けさが更に強調されていて…。
まるで、静けさに包み込まれていくようでした。
そのまますっと闇に溶けていくような、そんな美しい終わり方。
とても、素敵だったと思います。

本当にお疲れさまでした!


さて、しのきちによる観劇 & 感想ブログも、きっとこれにて閉幕です(おそらく)。
多くの劇を拝見して、カリメロももっともっと精進せねば!という気持ちで昂っております。
この気持ちは今回の11月公演を観に来ていただいた皆さんにお伝えできるよう頑張ります!!
公演開始までもうまもなく3週間を切ります。
頑張って行くぞー!!
スポンサーサイト

食物連鎖について考える

どうもどうも、しのきちです!
題名を書き忘れて後から編集しております…何度かやってる気がする、この手のミス。
そしてこの題名については、本題にはあまり関係ありません。
本当は関係あるんですが、しのきち解説しておりません。
誰かが要求するなら…次のブログ更新担当になった時に書く!

さて、本日の更新は、先日観劇させていただいた、
法政大学一部演劇研究会さんの『プランクトンと骨』についてですー。

法政大学一部演劇研究会

まず言いたいのは、この看板に関して。かっこいいです。
会場そばに貼ってあるチラシもクラゲの形になるように何枚も使って貼ってあって、「こだわり」を感じます。

劇場に入る前から、扉にクラゲの触手を模したような飾りつけがされているわ、入った瞬間キャストさんたちがすでに舞台にいるわ、驚きの連続でした。
この時点で圧倒されてます。
衣装もすごかったですね。一人の女性の衣装に電飾がしてあるんです。暗闇でもその人だけぼうっと光ってて。
お話自体がどことなく幻想的な雰囲気なんですが、その雰囲気にぴったりな衣装でした。

そして、引き込まれるようなストーリー。
いやもう素晴らしいです、最後のどんでん返しが!…つまりはそこまで完全に騙されてたってことなんですよね。
それだけ、キャストさんの白熱した演技と、魅力的なストーリーを考えた脚本家・演出さんの努力がすごかったんです。

誰かを「愛する」こと、ただそれだけなのに、とても難しい。
それを強く感じました。
今でもこの劇についていろいろ考えてしまいます。
いい意味でこの劇に捕らわれてしまったな、と思います。

こちらの舞台は昨日、無事終了したようです。
法政大学一部演劇研究会の皆さん、お疲れさまでした!

本日2回目の更新

皆さんどうも、しのきちです。
なんと、本日2回目の更新となりました!
…なぜ2回も更新するのかって?

その理由は…こちらです!
デデン!

劇団HT

本日、劇団HTさんの第4回公演「Principal Waltz」を観劇してきたのです!
とても素晴らしい劇でした!
まずこの舞台、登場人物が非常に多いです。
にも関わらず、登場人物一人一人に違う濃いキャラクター性があって、全員異なる魅力を発揮しています。
そして、何といってもお話のテンポの強弱がいいんです!
キャストの皆さんが次々にセリフを繰り出して、息をつく暇もないくらいに素早いシーンがあったかと思えば、しっとりとした「語り」のシーンもあって…。
劇が作ったペースに始終乗せられっぱなし、という感覚でした。もう、お話の中にどんどん引き込まれていくというか。
120分の舞台なんですが、終わった時も2時間経ったなんて思えませんでした。
このテンポの良さはとても参考になります…!

もっと語りたい…んですが、もうこれ以上はネタバレになりそうなんで、遠慮しておこうと思います…。
というのも、実は劇団HTさん、明日が千秋楽の日なんですよね。
今日とは時間が変わって、12:00~と17:00~の2回だそうです。
気になった方はぜひ観に行ってみてください!
しのきちは大満足しました。

ではでは、この辺で失礼します。
お休みなさい!

シルバーウィーク・エンディング

間を置かずに登場、しのきちです!
シルバーウィークも今日で終わりですね。
授業再開だあああああ!
ああああ……

さーて!
今日の稽古、行ってみようかっ!!

まずは「だだしゃべり」です。
出されたお題に関して、30秒間早口で間髪入れずに話し続けるという稽古です。
お題を出された瞬間に30秒が始まるので内容を考えてる暇がありません。
しゃべりながら考える…のですが、考えが追い付かなくて止まってしまうこともしばしば。難しい稽古です。
鍛錬あるのみ!ってことですかね。

そのあとは、いつも通り台本稽古を。
台本稽古。
こんな感じに。
シルバーウィークだからと言ってだらけてはいません、演技がどんどんブラッシュアップされています。
10月に入れば通しが始まります。さて、どんな演技を見せてくれるのでしょうか、楽しみです。
(実は研究室決定のための大量のプレゼミで前半の通しを見に行けなさそうなのは内緒)

そして今日は稽古の〆にエチュードをやりました。
2回目のエチュード登場「ゴミ箱」
3回目のエチュード登場「棚」
…なぜ君たちは人外になりたがるのか。しかも生物じゃありません。
まぁ爆笑の渦は巻き起こしてくれるので、ある意味では正解なのでしょうが、きっと。

この後もスタミをしたり、何人かでご飯食べに行ったり、その帰りの電車の中で脚本家あきら先生による「化学をまじめに勉強しようと思った秘話」によって演出家みっつくんと主演のしゅーすけが非常につぼったり、いろいろなことがあったんですが…。

ち か ら つ き ま し た 。

この辺で失礼させていただきます。
それではっ!

写真撮るよー!

お久しぶりでーす!
11月公演の舞台監督になりました、しのきちです!
ブログ更新久しぶりすぎて何書けばいいのかワカラナイヨ((((;゚Д゚))))

まず稽古に出る前に豊洲キャンパスから大宮キャンパスへの移動が大変だったり何だったり……。
遠いんですよね、豊洲から大宮って。
……まあ、それはさておき!気を取り直していきましょう!

今日は稽古が終わった後に、キャストの写真撮影をしました!
演出さんが「いいねいいね」と言いながらパシャパシャ。

キャスト写真撮影

楽しそうですねー。
ちなみにカメラ目線&ピースの彼は大道具担当のたけちゃんです。
さてさて、この写真撮影がどう公演に活かされるんでしょうか!

では、今日はこの辺で。
お休みなさーい。
| カリメロのホクホクブログ | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。